Show MenuHide Menu

本当の自由設計の家

2014年9月18日

と、ここまでの話を読んで、「そんなこと言っても、ちゃんと対応してくれるのか?」という声が聞こえてきそうです。でも、ちや-んと対応してくれないとすれば、何もそこに建ててもらう必要なんてないじゃないですか。一生に一度のマイホームなんですから。見極め方はカンタンです。あなたの要望に対して、何の検討もしないで、「それをすると値段がこれだけ上がりますよ」などと、コストアップを楯に、できるだけ「決まりきった標準的な仕様」のほうへ誘導していこうとする人とはオサラバです。何度か話をしているうちに担当者の話ぶりでわかるはずです。そんな時は、やめましょう。それだけです。最後にもう一回。「注文住宅なんだから、あなたの思うように、あ-したい、こ-したいをしっかり伝えて、それを実現するために努力してもらいましょう!」これが、「本当の自由設計の家」をプランする時のポイントです。第5話コマーシャル、パンフレットのイメージに惑わされるな!例えば、美しいBGMとともに感じのいいタレントが、「夢のある住まいを実現するために、私たちはこんなことを考えました」的な言葉と、キレイなマイホームの映像。こんな映像を何度も見せられてしまうと、知らず知らずのうちに誰だって、「マイホームづくりって楽しい!」と思い込んでしまいます。もちろん家に限らず、すべてのコマーシャルや広告宣伝は「見た人に良いイメージをふくらませてもらうこと」が目的なのですから当然の話ですね。不動産は売買も賃貸もリフォームも、失敗しない為には多くの知識が必要です。←こちらからいろいろな知識を手に入れましょう。

DY026_L