Show MenuHide Menu

夢に見たような我が家

2014年9月18日

それを見たあなたは……、家づくりというのは、いとも簡単に、笑顔が絶えない和やかな「プランの打合せ」が進み、夢に見たようなわが家が完成する。庭をかけまわる愛犬のゴールデンレトリーバー、休日はウッドデッキで気のおけない友人たちを招いてのホームパーティー、笑顔が絶えないリビングなどなど、夢がどんどんふくらんでいくはずです。だって宣伝なのですから。現実はどうか。まず、テレビコマーシャルやカタログなどで高らかに調っている「いい言葉」。現場の担当者がその言葉通りに実行しているか、問題はそこにあります。コマーシャルのイメージや宣伝文句の通りの対応をしてくれているとすれば、問題はありません。そのまま夢のような家づくりを進めていけば、あなたの思い描いたマイホームが完成するはずでカタログやチラシも同じ。いくら目を凝らして読んだって、いいことしか書いていませんねえ・ところがどっこい!そうは問屋が卸しません。実際の家づくりは、大変な労力と手間と知恵がかかってきます。それはもちろんお金を出して発注者となるあなたも同じです。家づくりは、予算の問題、家族間での意見のくい違い、予想もしなかった問題、迫るスケジュ-ル、イメージと現物とのギャップ・…:などなど、本当に大変なエネルギーが求められるのです。これらのすべてが、今やっている仕事や家事、あなたの現在の生活にプラスアルファされてくるのですから、楽なはずはありません。業者は上手に使い分けましょう。その他の不動産関連情報は家 高く売る ←こちらからどうぞ。

DY008_L